世界が注目!痩せホルモンGLP-1

みなさんGLP-1という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

実はGLP-1は全世界で話題となっている痩せホルモンの名前

つい先日、バラエティー番組で取り上げられた激ヤセ!?ダイエットの正体は、このGLP-1製剤という医薬品を使ったダイエット治療なんです

2018/07/31 21:00放送の日テレ ザ!世界仰天ニュース
2018/07/31 21:00放送の日テレ ザ!世界仰天ニュース

医薬品成分と聞くと副作用ガーッ!と批判的な意見を言いたくなるダイエッターも多いでしょうが、ご安心ください

GLP-1は消化管ホルモンの一種で体内で生成される成分なのです

たけしのみんなの家庭の医学 2013/07/30 20:00放送分
2013/07/30 20:00放送の朝日放送 たけしの家庭の医学

この体内で作られる痩せホルモンを注射で補ってあげる医薬品がGLP-1製剤

実は国内でもすでに糖尿病治療薬として厚生労働省に認可されている安全な医療用医薬品(処方薬)なんです


痩せられないのには理由があった!

ダイエッターの方々の中には「ぜんぜん食べてないのに痩せられない」とおっしゃる方が数多くいます

気分を害するかもしれませんが、あえて医学的観点から断言します

あなたメチャクチャ食べてますよ!
※あなたの消費カロリー以上に

肥満の原理はとてもシンプル

摂取カロリー(食事)が消費カロリー(基礎代謝&運動量)を上回っているから太るんですね

食べてる実感のないダイエッターに多いのは朝昼晩の食事量は平均以下でも
味見という名のつまみ食い」「間食」「おやつ」「残飯処理
で軽く2,000Kcalオーバーしてたりするケースなんです

食べても太らない体質に

世の中には食べても食べても太らない人がいます

スリムな大食いファイターって本当に羨ましいですよね!

あの人達は特殊な体質だから… と諦めるのは今日まで

実は多くの大食いファイターたちも痩せホルモンの分泌量が多いことが分かってるんですよ

食べたくならない不思議なホルモン

スリムなモデルさんの中には大人気になった途端に、ぽっちゃり体型になってしまう方がいます

人気が出るまでガマンしてた分の反動が大きいからなんでしょうね

これはダイエット成功者の
86%がリバウンド
してしまう原因と同じ

ガマンこそがダイエットの天敵なんです

そうかと思うと、大人気でも依然としてスリムなモデルさんも多くいます

太らないモデルさんは大きく分けて二種類

① たゆまぬ努力ができる人

某番組で人気モデルさんの一日を追跡していましたが、本当にスゴい努力をされてました

朝から数時間のランニングやストレッチ、撮影の合間にジムでトレーニング、そして厳しい食事制限…

でも私たちがマネするのは到底ムリ…

そしてもう一方は

② 食に興味が薄い人

司会「すごくスタイル良いけど、やっぱジムとか通ってるの?」
モデ「いえ、特に何もしてないんですよ」
芸人「またまた~」
司会「努力しないでそのスタイルは羨ましいね~」
モデ「もともと食にこだわりがないんで、あまり食べないんですよ」

こんなトークをバラエティー番組で見たことありますよね

もしガマンするわけでもなく、あまり食べなくても平気な体質に生まれ変われたら、どうなると思います?!

痩せホルモンGLP-1には食べたい気持ちにならないという働きがあるから
ガマンによるリバウンドの心配がないダイエット治療なんです!!


GLP-1ダイエットの特徴

それでは痩せホルモン GLP-1の特徴を5つ説明していきましょう

 特徴① 食べたい気持ちが自然と減少

日本で認可されている唯一のダイエット(過食症)治療薬は有効成分が脳に直接働きかけて食欲を抑制する向精神薬です

痩せホルモンGLP-1はもともと腸から脳に「もうお腹いっぱいだから食べちゃダメだよ」という信号を送る体内分泌成物だから自然と食事量が少なくなります

ガマンして食事量を制限するのではなく、自然と少食な体質に変えて(戻して)くれるのです

特徴② 胃内容物が腸に降りてくるのを遅らせる

通常、胃は2~3時間かけて食べ物を消化してから腸に降ろしていきます

この消化という仕事をしてる間に「いま消化やってるから、あと栄養吸収よろしくね」という信号を脳を通じて腸に送るのですが、食生活の乱れや食事時間のバラツキがあると、この信号が送れなかったり、消化不十分なまま腸に送り出したりするようになってしまい、腸の仕事を大雑把なものにしてしまいます

痩せホルモンGLP-1は、十分な消化がされるまで胃に内容物をとどめておくよう命令を発する体内分泌物でもあるので、消化器官に無理をさせない体質に変えて(戻して)くれます

特徴③ 中性脂肪の吸収を阻害する

過去に美容クリニックなどで脂肪吸収抑止剤というダイエット治療薬が大人気になったことががありました

これは腸内酵素の働きを弱めることで、食事に含まれる脂肪の30%を未消化のまま排便させるという国内未承認薬

しかし腸の働きを弱めてしまう、オナラ臭の油が出てきて下着を汚すなどデメリットの多い治療薬だったため、国内では承認されなかったいうイワクつきの代物

そもそも中性脂肪がダイエットの敵なのは、アプリポBというタンパク質が中性脂肪を腸から吸収させて皮下脂肪として蓄えるさせるから

痩せホルモンGLP-1にはこのタンパク質の生成を抑制し、中性脂肪の吸収を阻害する働きがあるので、日常生活に負担なく脂肪を吸収しづらい体質に変えて(戻して)くれるのです

特徴④ 血糖値を一定に保つ

肥満と血糖値は密接な関係にあるのは みなさんもご存知でしょう

痩せホルモンGLP-1は、糖質を摂取した時に消化管から分泌されるホルモンで、血糖値を一定に保つように各臓器に信号を送ります

特に糖質を脂肪に合成する働きと脂肪分解を抑制する働きのあるインスリンの分泌をコントロールしているのです

つまり糖質を脂肪に変えにくく、また脂肪を分解しやすい体質に変えて(戻して)くれます

特徴⑤ 痩せホルモンと呼ばれる理由

ダイエットに直接作用する痩せホルモンGLP-1の効果は上記4つとなりますが、間接的に作用する働きもいっぱいあるんです

  1. 心筋保護・心機能増強 基礎代謝アップによってカロリーを消費しやすい体質
  2. 全身の炎症を抑制 いわゆる水太りを抑えてムクミにくい体質
  3. 尿量の増加 老廃物の排出を促進することで少食でも栄養不足にならない体質
  4. 肝脂肪の緩和・すい臓保護の働きでさらに太りにくい体質

なぜGLP-1が痩せホルモンと呼ばれ、世界中で注目されているダイエット治療なのか十分ご理解いただけましたか?

大きな努力が不要なのに
太りにくい体質へ変え(戻せ)ることができる
唯一のダイエット治療
それがGLP-1


当院がGLP-1ダイエット治療をお薦めするワケ

ネット上だけのクリニックではなく、実在の医療機関だから

じつは内閣府が推進する遠隔診療の制度を誇大解釈し、自宅の一室でネットクリニックを運営している医師も少なくありません

当院は創業30年、開院12年の実績ある特定内科医療機関ですから効果の不安定な治療法はお薦めできません

長年、糖尿病治療に携わってきた医師が担当医

最初に記載したように、GLP-1製剤は本来、糖尿病の治療薬です

糖尿病治療の医療現場でGLP-1に関する経験や知識が多い医師が、その安全性と高い効果を確信しているから

患者さんの意志の強さは無関係な効果

一般的なダイエットは、摂取カロリーを減らすための食事制限という強い意志、消費カロリーを高めるための長時間トレーニングと、基礎代謝を高めるための高負荷トレーニングを続ける強い意志が必要でしたが、GLP-1にはそういった強い意志は必要ありません

※ハードなトレーニングを継続する必要はありませんが、日常生活での運動量を増やすことは推奨しています

体内ホルモン成分だから副作用がほとんどない

既存のダイエット治療薬も高い効果がある反面、デメリットはつきもの

食欲抑制剤は他のお薬との飲み合わせに注意が必要だったり、軽度ではあるものの口の渇きといった副作用があります

また、脂肪吸収阻害剤は下着の汚れや悪臭といった日常生活に支障のある副作用と、脂溶性ビタミン類を別で摂らなければならないという手間がありました

その点、体内で生成されるホルモンのGLP-1は身体が慣れるまでの間だけ胃のむかつきといった軽度の副作用しか現れません
※ 最短0日、最長2週間

治療後にGLP-1の自己分泌量が増加する

GLP-1製剤の投与を続けることで消化器官が正常値のGLP-1を生成するようになるので、太りにくい体質を維持しやすいのです
※臨床試験では14~52週の投与によって、その後の体内生成量が正常値まで上昇することが確認されています

一日一回、自分で注射するだけ

GLP-1製剤は一日一回、患者さん自身で注射する「自己注射」治療です

注射といってもインスリン注射のようにペン型の専用キットを腹部などに押し付けてボタンを押すだけの簡単な仕様となっています

また毎日のものですから極細針でほとんど痛みを感じない設計になっています

米国とEU諸国では肥満症治療薬として承認済み

冒頭にも記載したように、日本国内ではGLP-1製剤は現在のところ糖尿病の治療薬としての承認しか受けていない医療用医薬品です

しかし肥満大国のアメリカは4年も前に肥満症治療薬として承認しており、EU諸国も3年前から肥満症治療薬として承認しているので、ダイエット治療としての効果と安全性は明白です

通院可能なら他のダイエット治療と組み合わせられる

治療期間中に週一~10日に一度程度の通院が可能であれば、当院オリジナルの治療法「ダイエット点滴+W」などとの併用で、より高い効果を上げることが可能です

また基礎代謝アップの効果が高い食欲抑制剤との併用も可能となり高い効果を実感いただけます

オンライン診療による受診と全国配送が可能

当院はスマートフォン付属のテレビ電話機能によって、GLP-1ダイエット治療のオンライン診療と郵送処方を行っています

多忙な方や遠方の方でも無理なくGLP-1治療を始められます


オンライン診療

当院のオンライン診療は専用アプリなどをダウンロードする必要はありません

Apple社のスマホやタブレットをお使いであれば、最初から入っているFaceTimeというテレビ電話アプリで

Android搭載のスマホやタブレットをお使いであっても、最初から入っているHangOutというテレビ電話アプリで、オンライン診療を受診することができます

※通信環境の差が激しいためPCアプリSkypeによるオンライン診療は一時中断しており、再開も未定となっています

オンライン診療の手順

  1. 当ホームページ最下部の「オンライン診療を予約する」に進む
  2. 診療は10~15分ですので、ご自身のスケジュールと当院の予約可能スケジュールを確認してください
  3. 精算(お支払い)画面の「請求先情報」に受診希望者の情報を漏らさず入力ください
  4. 本人確認のための公的身分証明書を確認し、氏名、生年月日、現住所が間違いのないように入力してください
    医療行為ですので、身元を明らかにできない方は受診することができません
    なお、公的身分証明書はオンライン診療の最初に画面越しで内容を確認させていただきます
    公的身分証明書とは
  5. 「請求先情報」にオンライン診療の受診日程を第1~3希望日まで入力し、診療予約費¥10,000をクレジットカードでお支払いください
  6. 予約時間の5分前には顔写真付き公的身分証明書と身なりの準備をし待機ください
    当院からのテレビ電話を受信したら速やかに応答ください
  7. GLP-1ダイエット治療の処方可能という診断が下りますと、1時間以内に登録いただいたメールアドレスまたはSMSに決済のご案内をお送りしますので、クレジットカードでお支払いください
  8. 決済確認後6時間以内にGLP-1ダイエット治療キットを公的身分証明書に記載の自宅住所に発送します
    治療キットが高額医療機器と処方薬となりますので、郵送先は公的身分証明書に記載の現住所での手渡しとなります

外来診療の手順

最初は担当医と直接会って診察を受けたいという患者さんの来院も常時受け付けています
当院の診療時間内であれば予約は不要です

  1. 当院メインホームページで診療スケジュールを確認する
  2. 診療時間内に来院する
  3. 診療申込書を記入する
  4. 担当医との直接診療を受診する
  5. GLP-1ダイエット治療薬の処方可能という診断が下りましたら、受付スタッフが精算に伺います
    お支払いは現金またはクレジットカードとなります
  6. お持ち帰りご希望の場合は、その場でGLP-1治療キットをお渡しします
    ご自宅へ配送を希望の場合は別途送料をお支払いいただきます

GLP-1ダイエット治療の費用

GLP-1ダイエット治療は3コース

オンライン診療または外来診療で担当医と相談の上、コースを決めていただきます

受診タイプ 費用
オンライン診療 10,000円
外来診療 0円

 

治療期間 費用
6ヶ月コース(標準) 539,000円
3ヶ月コース(短期) 289,000円
 1ヶ月コース(試用) 129,000円 
2週間コース(おためし) 49,800円 

※当ホームページ内に記載の金額は全て税別表示となっています

キツい運動&ガマンの食事制限より痩せホルモンGLP-1で無理なくダイエット

GLP-1のお申込みはスムーズな5ステップ

1. まずはオンライン診療をご予約
2. テレビ電話で受診
3. 担当医がその場で診断
4. ご希望のキットをクレジットカードでお支払い
5. 2~4日以内にお手元に